葬式・法事の時の真珠は?

お葬式や法事に付けても良いのは真珠だけなのをご存知でしょうか。

こうした喪の席では、アクセサリーを身につける事はタブーとされています。

真珠だけが喪の席にでも身につけてよいとされている理由とは
真珠が「神の涙」と呼ばれ悲しみの気持ちを表すものとされています。

そのため、真珠をお葬式や法事の席に身につけている女性が多いのです。

真珠の種類は特に気にする必要がありません。
アコヤ真珠であればホワイトやグレー系でも良いですし、黒蝶真珠や白蝶真珠でも構いません。

タブーである大切なポイントは長さとデザインです。

喪の席での真珠のネックレスの長さは、長くても60㎝くらいまで、
胸の上までの長さが適切です。

さらに、一連の真珠のネックレスを使用し、二連の真珠ネックレスには「重なる」という意味合いがあり、
最もタブーな事ですので、注意をしてください。

また、デザイン的に気を付けるのは指輪です。
輝いてしまうようなダイヤの大きいものは避け、シンプルな物を身につけましょう。

葬儀に参列する際には特にこれらのマナーに注意をし、
周りに配慮する気持ちを忘れない事が大切です。

迷った際には、真珠のホワイトやグレー系などを付けることをおすすめします。

タグ

このページの先頭へ