真珠を着用するシーン

真珠はどんなシーンに付けていっても
どんな服装にでも邪魔にならない、華やかさがあります。

真珠の魅力とは、華やかさがあるのに派手じゃないところにあります。
だから、活躍する場も多種多様に様々です。

それは、結婚した方から独身の方まで着用するシーンが違っていても
着用する場面が違っていても同様である真珠の魅力の一つです。

女性の必需品とも言える真珠は必要な時に慌てる事の無いよう、
早めに準備をされておくことをおすすめします。

真珠はどの年代の方でも、どんなシーンにでも着用できます。
真珠を着用する時の様々なシーンの例を挙げてみました。

『真珠を着用するシーンの例』
・友人や親せきなどの結婚式
・パーティー
・お葬式
・入園、入学式
・卒園、卒園式
・結納や訪問時
・子供の発表会やイベント時
・参観日や懇談時

真珠は冠婚葬祭はもちろんですが、チョッとしたフォーマルな場面や
カジュアルな場面にも役立ちます。

場面だけでなく、フォーマル時の装いにも合うのはもちろんですが、
カジュアルなスタイルにもシックリくる。

真珠はどんなシーンにつけていっても、どんな服装にでも
繊細で清楚な女性らしさを発揮させてくれる万能アイテムです。

だからこそ、恥ずかしくない真珠を選びたいものです。

結婚式・披露宴の時の真珠は?何がよい?

結婚式や披露宴に付けていく真珠はどんなものを選んだらいいの?
結婚式や披露宴といった喜びの席へ出席する場合の真珠の選び方についてご紹介していきます。

喜びの席なんだから、当然、黒の真珠はだめなのか。

そうではありません。

黒といっても真珠のブラックの輝きの中にはテリや光沢感があり華やかさがありますし、
ブラックカラーと一口に言っても、真珠にはグレー系、ブルー系などのタイプもあります。

結婚式には黒はタブーとされていますが、真珠の黒にはこうした華やかさがあり、
真っ黒にはならないので基本的には問題ありません。

もちろん、ホワイト系の真珠やカラーの真珠でも問題ありません。

真珠であればロングタイプでも2連、3連のタイプでもエレガントな着こなしになりますし、
このようなデザインのあるタイプの場合、これだけで華やかさを演出することも出来ます。

要は、全体のファッションを見て、派手ではない明るさと暗くなり過ぎないこと、
上品な華やかさを作ることが大切です。

上品で華やかさのあるコーディネイトの演出に役立てるためにも良い品質の真珠を選ぶ。

高品質な真珠選びも大切なことです。

 

btnshinju

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ