トーカ堂では黒蝶真珠ネックレスもそろえています

黒蝶真珠ネックレスとは、
「タヒチ真珠・黒真珠・南洋黒」
呼ばれている
南洋の黒蝶貝という貝から
生まれる天然の真珠のことを
黒蝶真珠と呼びます。

黒蝶貝は、
白蝶貝より小さい貝で
亜熱帯から熱帯にかけて棲息しているそうです。
日本でも
沖縄や小笠原で見ることができます。
その黒蝶真珠を
ネックレスに仕上げたものです。

真珠の色は
黒系、緑系、グレー系、赤系など
深みある神秘的な輝きが特徴です。

真珠1粒の大きさは
約8~10ミリと
迫力のある大きさもあり、

黒蝶真珠独特の色を
鮮やかな光沢やツヤで
彩られています。

黒蝶真珠の魅力は
やはり、神秘的な色です。
真珠は
炭酸カルシウムと
コンキオリンという
タンパク質からできていて、
そのコンキオリンの色
赤・緑・黄色
が混ざり合い、
独特な色を醸し出しているんです。

 

1つ1つ味わいの違う
個性的な色を持っているので、
1粒でとてもキレイなのですが、
ネックレスに仕上げることで、
一見同じ色でも
実に多彩な色調で
味わい深いアクセサリーになります。

昔、黒蝶真珠は、
天然の黒蝶貝から
40万貝に1個の割合で
発見されるくらいの
希少性だったそうです。

沖縄で1980年代に初めて
人口採苗に成功し、
日本の黒蝶真珠の品質や
加工技術が、
世界のトップクラスとの評価を
得るようになりました。
真珠系のネックレスは
冠婚葬祭でよく使われますが、
黒蝶真珠は
黒以外の色もあるので、

多種多様で使うことができます。
真珠の寿命は約60年と言われています。
酸にもとても弱く、
普段から身に着けることが
多くできるような
黒蝶真珠をお選びください。

 

これだけ希少価値のある
黒蝶真珠を
ふんだんに使った
ネックレス。

高級感溢れる黒蝶真珠で

一見ささやかに派手すぎず、
でも、
迫力感ある演出を
楽しんでみませんか?
こちらでは、
・8~10ミリ
・9~11ミリ
・10~12ミリ
・13~11ミリ
と、黒蝶真珠を
首元やお好みに合わせたサイズで
購入することが出来ます。

黒蝶真珠の中でも人気の高い形の
1つ1つ傷の少ない綺麗な玉で
仕上げられていますし、
小顔で色白な
日本人にぴったりの
トップが10ミリで
掲載されたものは
目立ちすぎずにインパクトのある
仕上がりになっています。

イヤリング(ピアス)や
ペンダントネックレスと
セットになっているので
本当に普段から
活用できるアイテムですね。

保証書や鑑定書もついているので、
初めての購入でも
安心ですし、
1つあれば、
いざと言う時に
ちょっとしたアクセントに悩む
必要がありません。

お出かけ時のオシャレ、
冠婚葬祭や
ちょっとしたことでも使用できそうな
柔らかいタッチの
黒蝶真珠ネックレス。

1度は欲しい、アイテムですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ